通学の“デメリット”にもしっかり目を向けて

30代からの資格取得を目指す受験生であればなおのこと、短期合格を目指す傾向にあるのではないかと思います。
仕事や家庭との両立を考えれば、「長期戦はなるべく避けたい」と感じるのは当然のこと。そんな思いから、「やはり予備校に通ってしっかり教えてもらうのが得策なのではないか」と、スクール通いを選択される受験生が後を絶ちません。

 仕事をしながら予備校に通い、見事資格試験に合格される方というのは確かにいらっしゃいます。ただしその実態を見てみると、想像以上に大変なことであることは明らか。
スクール通いに伴うデメリットを鑑みれば、「予備校さえ通っていれば大丈夫」とは到底言い難い状況であると言えるのではないでしょうか?

 30代から資格取得を目指す場合、冒頭でも触れたとおり“仕事や家庭との両立”が最大の課題となります。
「少しでも効率良く」ということで予備校通学を選ばれる方は多いのですが、むしろ予備校通学を選んだために資格取得を断念する結果になるケースもしばしば。これは、スクール通いに潜むデメリットに目を向けられていないことにより陥る失敗です。
それでは、そのデメリットとは一体どんなことかというと、下記の事項を挙げることができます。

・スクールに通うためのスケジュール調整をしなければならない
・通学のための時間を捻出しなければならない
・通うことでの肉体的な疲労を考慮しなければならない
・通学講座に伴う金銭的な負担が家計に影響を与える

 いかがでしょうか?上記のような負担が積もり積もって、結局は資格取得を断念せざるをえなくなる受験生はたくさん存在します。
こうしてみると、仕事をする、そして家庭を持つ30代が資格取得に挑戦する上で、予備校通いという選択肢はとても気軽に選べる手段であるとは言えませんね。
通学講座受講に先立っては、メリット以上にまずデメリットに注意すべきであると感じられます。

 30代からの資格取得に、スクール通いは本当に最良の選択でしょうか?申込み前に、ご自身の状況に重ねて検討されてみて下さい。