仕事をしながら無理なく学習、が実現

「予備校通学には負担があるとはいえ、やっぱり学校に頼らなければ合格なんて難しい」
確かに、その通りです。目指す資格の程度に差はあれど、30代からの挑戦ということで、皆さんビジネス上価値のある資格を目指されることと思います。そうなればなおさら対策面でスクールに頼る部分というのは多くなることでしょう。
しかしながら、資格取得のために予備校を活用する方法は、何も通学のみとは限りません。

 30代からの資格学習を実践していく上で、これから学習をスタートさせる皆さんにぜひ注目していただきたいのが、「通信教育」という選択肢です。
通信教育というと、「学生時代に続かなくて苦労したな」と苦い思い出を振り返る方もいらっしゃると思いますが、だからと言って安易に「自分は通信教育に不向きである」とまとめることは出来ません。
学生時代は好きでもない科目を半ば無理やり習得させられていたようなものですが、これから皆さんが始めるのは、“興味のある分野の学習”。学生時代とはそもそもの背景が異なりますし、モチベーションにだって違いがあるはずです。

 最近では、30代以上の社会人による資格取得が一種のブームになりつつあるため、大人のための資格学習ツールはひと昔前と比較するとぐんとその数を増しています。
通信教育も当然にその煽りを受け、講座の種類や講座数の増加、各スクールで特徴ある講座の開講等、クオリティとしては格段に向上してきていると言えます。
ネット等で調べれば分かることですが、通信教育といえども各学校で難関国家資格対応の講座もしっかりとラインナップしており、大人のための資格取得に対策に役立てることが可能です。

 加えて、通信教育であれば、通学のデメリットで挙げたような「通うことでの時間的調整」や「通学に伴う肉体的疲労」は皆無。
むしろ、通学の手間が省ける分、通学講座以上に学習に専念できる受験生がほとんどです。
また、受講料としても通学講座より価格が抑えられた講座がほとんどであり、お財布にも優しい資格対策法であるとも言えます。

通信教育の受講は、仕事をしながら、家庭を持ちながら、30代が無理なく資格を目指す上での一番の手段。
良質な通信講座がその数を増している今日において、予備校通学にこだわるべき理由はもはやないのかもしれませんね。