行政書類の専門家&最も身近な町の法律家

最近はテレビドラマなどでも取り上げられましたので、行政書士という名前は知っている、という人が多いと思います。しかし、具体的な仕事内容はというと、知らない人がほとんどなのではないでしょうか。

行政書士は、会社の設立やお店の開店など、行政への許認可申請が必要なときに登場し、依頼人に代わって書類を作成、申請を行うのが主な仕事なのですが、扱う書類の種類がとても多いのが特徴です。主なものを書き出してみますと…

  • 株式会社の設立許可申請
  • 飲食店の営業許可申請
  • 建設業の営業許可申請
  • 風俗営業許可申請
  • 交通事故の損害賠償請求
  • 外国人のビザ申請など国際的な業務
  • 相続や遺言書の作成など
  • 車庫証明など自動車関連
  • 各種契約書の作成

法人設立などのオフィシャルな書類から、遺言書や契約書など細かな書類まで、扱う書類は数千から1万種類もあると言われています。
このように、行政書士の仕事は、少々面倒な書類を依頼主の代わりに作成して申請するというのがメインの仕事なのですが、それに付随して依頼人の利益を守るために法的な見地からアドバイスやコンサルティングを行うこともあります。
法律が絡む問題が発生したとき、「弁護士さんに相談するほどのことでもないけど、誰かに相談にのってもらいたい…」というような細かな要望に応えていくのが行政書士の仕事でもあるのです。
ですから、行政書士は“弁護士さんより身近な町の法律家”と呼ばれているのです。