誰でも受験できる人気の試験! 合格率はちょっと低め!?

行政書士試験は、年に1回11月に行われていて、毎年7万人近くの人が受験する大規模な国家試験です。受験資格は特に設けられていないので誰でも自由に受験できますが、合格率は10%以下で推移していて、難関試験であることがうかがえます。
まずは、試験範囲などをしっかりチェックして試験対策を立てましょう。詳細は行政書士試験研究センターのホームページに掲載されていますので、必ず確認してください。

行政書士試験・概要

●受験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。

●試験期日
毎年11月の第1週日曜日に実施します

●試験の科目および方法
①試験の科目
 ・行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)
憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法および地方自治法を中心とする。)、民法、商法および基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については試験年度の4月1日現在施行されている法令に関して出題します。
・行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

②試験の方法
試験は筆記試験によって行います。
出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式および記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
※記述式は40字程度で記述するものを出題します。

●合格基準
次の用件をいずれも満たしたものを合格とします

  • 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である者
  • 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である者
  • 試験全体の得点が、満点の60%以上である者
  • 合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置を加えることもあります。